JRP 品川支部の会員ブログ

日本リアリズム写真集団品川支部の会員による活動紹介です
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月

■横浜税関見学会

                 -Canon-Digital-Camera.jpg



drop16 11月3日(土)は、”クイーン(横浜税関)”の塔の見学会でした。

 資料展示室は何時でも見学が出来ますが、今回見学する7階のロビーは通常は
 非公開です。 今日は、その日の風景を紹介します。
 但し、現在のクイーンは、1月から外壁改修工事中ですので全体を見ることは
 出来ません。 来年の1月位までかかるようです。

 どうせ行くのなら、夕陽が沈む時間帯(17時頃)が良いと思いましたので、午後から
 出かけました。 


drop16 今日は、お気に入りの”Ernest Corazar"のCD”Masterpieces”の中から
 "It's Impossible"を紹介します。 "Perry Como"が歌うCDも気に入っています。

 大好きな映画”男はつらいよ”の第24作”男はつらいよ 寅次郎春の夢”のシーンで、
 妹さくらに恋したアメリカ人の告白に対して、"It's Impossible"と告げたシーンを思
 い出しました。





            20181113 CD
             ”Masterpieces Ernest Corazar"





"It's Impossible"







      sep0002.gif







_DSC4427_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 日が陰る時間帯迄、"日本大通り"を歩きます。
 今日は、休日ですので多くの人々で賑わっています。 ようやく、秋晴れの天気です。
 中国からの御客様も見かけられます。



_DSC4437_8_9_バランス_DxOFP

Camera Botton_3 何時も、この風景に撮らされてしまいます。 
 誰が撮っても綺麗に撮れる風景です。
 
 もうソロソロ、クイーンに行ってみましょうか・・・




 _DSC4595_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 "クイーン(横浜税関)"の7階からの眺めです。 
 赤レンガ倉庫のレンガが、夕陽に照らされています。 
 右手には、ベイブリッジが見えます。  ナカナカの眺めです。
 





_DSC4619_20_21_Autumn_Optimizer_Natural_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 ベイブリッジが見えます。 今日は、大桟橋への船の入港はないようです。
 下の階には、外壁改修工事中のブルーシートが見えます。 
 早く完了して欲しいものです。
 




_DSC4652.jpg 
Camera Botton_3 7階のロビーから下りてきました。 3階の旧税関長応接室です。
 歴代の税関長の写真も見るることが出来ます。
 当時は、税関長は天皇陛下から任命されます。 その時に着用された正装着です。





_DSC5094_5_6_バランス_DxOFP 
Camera Botton_3  "クイーン(横浜税関)"の見学を終えて、山下公園に行ってみました。
 異人さんのカップルに出会いました。 異人さんから見える横浜の風景とはどんな風に、
 見えるんでしょうね~・・・




_DSC4890_1_2_バランス_DxOFP 
Camera Botton_3 何時来ても人々が集まる”氷川丸”です。 こんな小さな船で太平洋を横断していた
 とは、驚きですね~・・・




_DSC5121_2_3_バランス_DxOFP 
Camera Botton_3 さて、ソロソロ帰りましょうか・・・ 大夫照明も、明るく見え始めました。





AULOLA_DSC5136_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 此処は、素通りするわけには行きません。 
 この下には、”みなとみらい線”の駅である”日本大通り”が在りますので此処から帰ります。

 


                   11.gif



aa22.gif ここ数週間程、次回の写真展に出品する写真の整理を行なっていました。
 
 数か月前に入手した、HDR画像作成ソフト”Aurora”の性能確認も行っていました。

 マダマダ、使い勝手がシックリ来ません。 
 今の所、もう一つのソフト”Photomatix Pro”の方が、重宝しています。

 撮影した写真はマンネリ化していないか?・・・・ 
 自問自答の楽しい(?)時間でっす。 



 それでは、次回まで、ごきげんよう~





       sep0002.gif












■長崎の旅(其の参)

                 COMPASS.jpg


drop16 長崎旅行最終日の紹介です。 長崎観光定番コースの紹介です。
 旅行期間は天気に恵まれ、心の洗濯が出来ました。 
 何時ものように1日乗車券(500円)を買って、路面電車でのんびりと回ります。




drop16 ガーデニング仲間のTさんの趣味は、エレキバンドでギターを弾くことです。
 ”ベンチャーズ”の曲が得意のようです。
 年に、何回かは老人ホームでの演奏会を開催しています。
 私と同年代ですので、なんとなく経緯が想像出来てしまいます。

 我々世代の青春期は、フォークソングか、エレキギターに夢中でした。
 私の場合は、友達に薦められてフォークソングに参加しました。

 その時代で流行ったのは、”PPM”(ピーター・ポール &マリー)や、
 ”サイモンとガーファンクル”でした。 エレキでは、”ベンチャーズ”でした。
 CDを探してみました。 
 ニューヨークに仕事を求めボクシングを行う寂しい若者の話です。


              20181028 CD 
               "THE SIMON AND GARFUNKEL COLLECTION"



"The Boxer"






       sep0002.gif





_DSC3777.jpg
Camera Botton_3 "オランダ坂"に続く坂道です。 昨日までの、くんちの賑わいが嘘のような
 静な風景が広がっています。 坂の向うには、”活水女子大学”が在ります。





edit_DSC3789_90_91_リアリスティック
Camera Botton_3 欧米から来た外国人らは、見晴らしの良い高台に邸宅を構えたそうです。
 当時の長崎の人々は、欧米人を“オランダさん”と呼んでいました。
 自然と、高台に続く坂道は総称して“オランダ坂”呼ぶようになったと言われています。
 この場所だけは、小雨が降って石畳がしっとりと濡れた情景が良いと思われます。





EDIT_DSC3817_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 “オランダ坂”を登り切った所に、”活水女子大学”が見えます。
 1993年頃まで、パンツルックでの登校は禁止だったそうです。
 勿論、教員と特別な場合を除いて、男子のキャンパス内の立ち入りは禁止です。 





_DSC4019.jpg
Camera Botton_3 
お昼は、近くの”四海楼”のチャンポンです。 
 チャンポン、皿うどんの発祥の地
と言われています。 う~~~ん・・・確かに美味い!
 店舗の二階には、”ちゃんぽんミュージアム”があります。




EDIT_DSC4016_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 ”世界文化遺産”に決定した、御馴染みの国宝”大浦天主堂”です。
 1865年の”信徒発見”は、有名ですネ・・・
 原爆投下地域に在る”浦上天主堂”が、”世界文化遺産”から外れたのが、
 寂しいですね~・・・





_DSC3912_3_4_自然
Camera Botton_3 "旧グラバー住宅"見学中の修学旅行の小学生です。 

 あんまり楽しそうではありません。これを機会に、歴史に興味が湧くと良いで
 すね~・・・
 温室には、綺麗な花が咲いていました。 




EDIT_DSC3854_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 "旧三菱第2ドックハウス"の2階からの眺めです。 対岸には、”長崎造船所”が
 見えます。 くんちが終わった静な雰囲気が、伝わってきます。 池では、大きな鯉が
 餌を待っています。




EDIT_DSC3860_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 ”マダム・バタフライ”の庭です。 右側に、”三浦環”の像があり、左側に白い
 ”プッチーニ”像があります。
 物語の中では、蝶々さんは15歳で長崎の色町で芸者をしていました。
  父親は大村藩の裕福な士族でしたが、西南の役で薩摩藩方に加担して、切腹させら
 れた事になっています。  う~~ん ”西郷どん”と繋がりますね~・・・





EDIT_DSC3968_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 ”グラバー園”から下りてきました。 丁度、”大浦天主堂”の広場に繋がっています。
 ”グラバー通り”と言うようです。

 左側には雑貨ショップがありますが、大昔は小さな喫茶店がありました。
 坂を下って行くと、長崎名物の”枇杷”をアレンジした”びわ茶”の試飲サービスがあり
 ました。 枇杷と紅茶がミックスされスッキリとした味でした。




EDIT_DSC4127_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 複合商業施設である"出島ワーフ"に戻ってきました。 長崎の新鮮な魚が堪能で
 きます。時間的には、未だ早そうですが・・・ 夜景で有名な”稲佐山”が見えます。




_DSC4098_099_100_GoldenHour2.jpg
Camera Botton_3 教科書で、習った”出島”です。 人口の島だったのですが、今は周囲が埋めたて
 られてしまい町の一部になっていますが、復元事業の御かげで素晴らしい施設と
 なっています。 

 丁度、朝日新聞の金曜日の夕刊で”大浦お希以(けい)”の物語がが連載中です。 
 日本茶を海外に輸出する為、出島でのオランダ人とのやりとりが出てきます。 
 この連載小説”グッドバイ”も、いよいよ時代の大きなうねりの中に入ってい
 きます。 楽しみです。 




                   11.gif


aa22.gif あっという間の3日間の旅でした。 
 北国の田舎育ちの私にとって、近世の歴史舞台の一つである九州はとても魅力的です。
 仕事の関係でも、長崎、福岡、熊本、鹿児島、大分で御世話になりました。
 楽しい思い出でいっぱいです。 
 最近は、NHKの”西郷どん”ブームで”戊辰戦争”にも興味が湧いています。 


 それでは、次回まで、ごきげんよう~




       sep0002.gif










■長崎の旅(其の弐)

                   COMPASS.jpg

drop16 今日は、長崎くんち”の”其の弐”の紹介です。
 10月9日ですので、”後日”と言われ”諏訪神社”の奉納踊りが8時20分から開始
 されます。
 前日の”かまど茶屋”さんで、リラックスし過ぎの為、朝のダッシュがちょっと遅れて
 しまいました。 
 ”諏訪神社”の左側の階段を駆け登って、"立見席券"をゲットして堪能しました。



drop16 何時もの" Michel Pepe"のアルバムからの紹介です。
 綺麗な曲と映像をお楽しみ下さい。 
 数年前に購入したCDですが飽きませんね~・・・






                  2018-10-11 CD 
                                            "Elixir D'amour   Michel Pepe"



"Amour Divin"





                    sep0002.gif





_DSC3663.jpg 
Camera Botton_3 もうちょっと遅かったら、アウトでした。 
 この”立見席券”を手に入れたら一安心です。 観る場所は、何時も決まっています。
 日影になる大きな木の横です。 今日は、特に天気が良いので暑くなりそうです。
 此処の”諏訪神社”では、神様の前と言う事で帽子はNGです。 






_DSC3664.jpg 
Camera Botton_3 奉納踊りの、一番手は、”東古川町”の”川船”です。
 船には、子供五人の”お囃子”が乗っています。 船頭役の少年が”投網”を放って魚を
 捕らえる”網打ち”が行われました。
 捕らえた魚は、”諏訪神社”に奉納されます。
 この後に、山車を前進後進、回転(船回し)が披露されます。




 _DSC3700.jpg
Camera Botton_3 既に、紹介済の今回の一番人気”コッコデショ(太鼓山)”の演舞です。
 モッテコーイで、戻った後の演舞がはじまりました。 上着が放り投げられ、最高潮です。

 境内は、割れるような歓声で、大興奮状態です。





 _DSC3733.jpg
Camera Botton_3 出番待ちの”本古川町””傘鉾(かさぼこ)”です。 百キロの重さがあります。
 ”傘鉾”は、町印として認識されています。 町の特色を飾り(ダシ)や垂に表現しています。
 ”本古川町”の垂の模様は、全体に楓紅葉が配置され、中央に2匹の龍が描かれた
 火焔太鼓が映えています。




 _DSC3738.jpg
Camera Botton_3 出島町は“阿蘭陀船”です。 (後方に見えています)
 その出島に出向いた”長崎奉行”でしょうか?  
 侍に扮した小学生と心配そうに話している美しい着物の母さんです。
 歴史感たっぷりですね~・・・




 _DSC3744.jpg
Camera Botton_3 前出の“阿蘭陀船”が、”庭先回り”に出発です。 気合十分です。

 オランダ商館が置かれた人工島「出島」には、毎年夏になると季節風に乗って貿易品を
 満載したオランダ東インド会社の船がやって来ました。大航海を無事に乗り切った船員
 たち。船の入港を待ちわびた地元の人々。長崎のまちはどんなに沸き立ったことでしょう。
 そんなシーンを再現したのが「阿蘭陀船」です。 (HPより)

 



 _DSC3756_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 奉納の演舞を終えた”本古川町”の”御座船”が石段を下りてきました。
 これが、凄いのです。 
 何トンもの重さの船が、石段を下りるのですから危険極まり無いのです。
 乗っている囃子の子供たちは、恐怖で顔が牽き付ってしまいます。
 船の軋む音が、恐ろしいです。 




 _DSC3763.jpg
Camera Botton_3 ”諏訪神社”の全ての奉納が終了しましたので、町に降りてきました。
 庭先回りの演舞に出会います。 これは、”大黒町”の”唐人船”です。
 福を呼ぶとされる”ヤーハ! ヤーハ!”(迎福)の掛け声と賑やかな楽器(チャッパ)
 の響きで、中国色に彩られます。




 _DSC3766.jpg 
Camera Botton_3 日本一で一番伝統のあるべっ甲専門店”江崎べっ甲店”にやってきました。
 庭先回りの”コッコデショ”です。 大歓声で、出迎えられます。 
 大迫力の演舞が目の前で、観られます。 重さは、1トンあります。
 
 ”江崎べっ甲店”のような、有名店は、”花代”として40~50万円とのことでした。






                                                                     11.gif





aa22.gif TVなどでは、長崎くんちの”コッコデショ”は、7年に1回と言っていますが、実は最近
 ”コッコデショ”を行なう踊町が増えました。 上町の”コッコデショ”です。
 平成27年に行われました。 次回は、”コッコデショ”は、5年後の2023年です。
 その年は、上町の”コッコデショ”の他に、筑後町の”龍踊”もあります。 御得感有りです。


 
おまけ 
 


 それでは、次回まで、ごきげんよう~



                  sep0002.gif







■長崎の旅(其の壱)

                COMPASS.jpg

drop16 平成最後の”長崎くんち”の時期が巡ってきました。
 ”長崎くんち”は、市内にある”諏訪神社”の祭礼行事です。

 今年は、一番人気の奉納踊りの”コッコデショ”(太鼓山)が奉納されます。
 朝日放送の報道ステーションでの紹介もあり、大盛り上がりです。
 幸い、天気にも恵まれあっと言う間の3日間でした。

 この時期は、小中高の就学旅行の時期と重なっていますので、市内は大賑わい
 でした。 先ずは、初日の紹介です。
 



drop16 久し振りの"Bernward Koch"のCD"Walking through CLOUDS"に収録されている
 "Following Stars"の紹介です。 この曲をきいていると、優雅な気持ちなります。
 これからの季節に合ってる気がします。


            20181015 CD
            "Walking through CLOUDS" "Bernward Koch"



"Following Stars"






    sep0002.gif






_DSC3492.jpg
Camera Botton_3 今回も、ANAのコードシェア便である”ソラシドエア”の"BOEING737-800"です。
 機内の照明は、ブルーのLEDライトの綺麗なデザインです。
 エンジンも、綺麗な”ピスタチオグリーン”です。 若々しさや、成長を感じる色です。
 CAさんも、一生懸命です。 ANAよりも好感がもてるような気がします。
 そろそろ、富士山がみえるハズです。




 _DSC3515.jpg
Camera Botton_3 今日は、くんちの中日ですので”庭先回り”の真っ最中です。
 ”庭先回り”とは、諏訪神社などでの奉納が終わった後に、市内の事業所や公官庁やお店
 などで、演舞を行い福の御裾分けを行う事です。

 中華街近くの公園では、出島町の”阿蘭陀船”が廻っていました。 
 船を操る人たちは、“根曳”(ねびき)とよばれます。





_DSC3531.jpg 
Camera Botton_3 ”コッコデショ”を、みつけました。 遠くからでも掛け声で分かります。
 筋肉痛の為か、足にテーピングがされています。 
 空中に放り投げた重さ1トンの太鼓山を片手で受け止めたところです。
 中には、太鼓を叩く4人の子供が乗っています。 観衆も大興奮状態となります。




_DSC3557_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 太鼓山に乗って太鼓を叩く子供です。 男の子ですが、女の子のように化粧され
 ています。 空中に放り投げた時は怖いんでしょうね~・・・
 一生の思い出になるのでしょう。 7年に1回の巡り合わせですから・・・





_DSC3566.jpg 
Camera Botton_3 お昼は、何時もの”蘇州琳”のチャンポンとノンアルコールビールです。
 これを食べると、長崎に来たという実感が湧いてきます。
 隣の席では、修学旅行と思われる女子中の生徒が、賑やかに御喋り中です。
 角煮饅頭、皿うどん・・・食べてますね~・・・




_DSC3567.jpg 
Camera Botton_3 "くんち犬"? 袴と羽織姿のゴールデンです。 家紋も入っています。
 家紋は、丸に骨の形の一文字です。 皆さん立ち止まって笑顔になります。
 チョット迷惑そうな顔の"くんち犬"? でした・・・ 





_DSC3581.jpg 
Camera Botton_3 これは、大黒町の”唐人船”です。 ”迎福”(ヤーハ)と何度も繰り返される
 掛け声で、福を呼びます。 周りの観衆も一緒に、盛り上がります。
 狭い中華街を、通り抜けます。 海の波を表す、“根曳”(ねびき)さんの美しい
 ブルーの衣装が躍動します。




_DSC3593_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 大黒町の”唐人船”の子供達です。 
 シンバルのような楽器(チャッパ)を鳴らしながら、”迎福”(ヤーハ)を繰り返し
 ます。 くんちは、子供たちが主役のような気がします。




_DSC3615.jpg 
Camera Botton_3 東古川町の”川船”です。
 ”子ども船頭が網を投げて獲った魚を、諏訪神社のお供えする”と言うのが”川船”の
 ストリーのようです。 古くから伝わる舟歌が歌われます。
 この後に、豪快な船回しが行われます。 綺麗な着物も素晴らしいです。




_DSC3635_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 ”コッコデショ”(太鼓山)の”報道ステーション”の生中継のお披露目が始まりました。
 夜の10時過ぎからの中継でしたが、多くの観衆が集まっています。
 連日の演舞でバテバテのはずですが、力いっぱいの御披露目です。 観衆も大興奮です。
 ”もってこーい”(アンコール)が3回掛かりました。 う~~~ん、凄いです。 




                 11.gif





aa22.gif 明日は、”諏訪神社”での見物です。  立見席のチケットは朝早く並んでゲットの予定
 です。 でも、今日の夜は、何時もの居酒屋さん(思案橋 かまど茶屋さん)で長崎
 料理ですので、ちょっと早起きは怪しいのです・・・ 
 
 今回のブログは、撮影済の写真の整理に時間がかかりました。 枚数がちょっと多かった
 ようです。 
 一番人気の椛島町の”コッコデショ”(太鼓山)の奉納は、7年に1回ですので、次回は
 観られるかどうかは怪しいです。



 それでは、次回まで、ごきげんよう~




    sep0002.gif








■静な森を歩く

花の肖像



drop16
爽やかな秋の気候は、何処に行ってしまったんでしょうか? 9月は、何時も
 雨や、曇りの天気だったような印象です。 向日葵は、あっという間に終わってしまい
 コスモスは、未だのようです。 
 10月は、人間ドック、免許更新、歯科検診、送別会・・・それなりに色々あります。
 天気が良ければ、気持ちがアップして難なくこなせるイベントなんですがね~・・・



drop16 久々にCDの整理をしました。 昔、良く聞いたCDの紹介です。
 ”Secret Garden”のアルバム"Once In A Red Moon"に収録されている"Greenwaves"
 です。
 
2002年のリリースでした。 
 未だに、色褪せることの無い曲だと思います。



                                                 20181001 CD
                                 "Once In A Red Moon"    "Secret Garden"




"Greenwaves"






     sep0002.gif





_DSC3151_2_3_写真風_DxOFP
Camera Botton_3 前回の撮影コマを再度眺めてみました。 此方のコマも捨て難い感じがしました。
 色々レタッチしてみましたが、こんなもんでしょうか?・・・

 夕暮れの時間帯でしたので、ちょっとノイジーな感じになってしまいました。




_DSC3181_2_3_バランス_DxOFP
Camera Botton_3 新しい、横浜市役所が工事中です。 新庁舎は地上32階地下2階建てで、高さ155
 メートルです。 2020年1月に完成予定です。

 一般でも利用出来る食堂があると、嬉しいのですが・・・期待しましょう! 
 (後で、調べてみたら在りました。)




_DSC3359_60_61_2012-2-24-sunset-traintracks_017_8_9_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 もうちょっと、近づいても良かったような気がします。
 貧乏性のせいか、ナカナカ入れません。 2階は、喫茶ですので気軽に入れます。 




_DSC3468_69_70_CompressorPortrait03_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 何時も散歩する森の反対側の森の紹介です。
 森の入り口には、森の散歩にやってきた車が停まっています。 ちょっと良い雰囲気です。




EDIT_DSC3452_3_4_A Little Warm_DxOFP 
Camera Botton_3 鳥の囀りが聞こえて来ます。 蝉はの鳴き声は、いつの間にか消えていました。
 この森の右側には、アメリカ軍の謎の広大な土地があります。 
 確か、返還されたはずですが・・・





PANOLAMA_3_DSC3431_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 森の中心に入って行きます。 広葉樹の木も育っていますので、紅葉が楽しみです。
 杉の森は変化に乏しいので、意外な発見が少ないのですが・・・広葉樹はいいですね~。
 此処の、三叉路になったミステリアスな風景が気に入ってます。 




PANOLAMA_2_DSC3411_DxOFP.jpg
Camera Botton_3 不思議な階段の小径があります。 
 周りには、シダが自生していて、侵入禁止です。  勿論、採ることもできません。

 近くには、蛍の育成が行われている綺麗な小川があります。 




PANOLAMA_4_DSC3396_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 前出の不思議な階段を降りると、怪しげな樹々が出迎えてくれます。
 ちょっと、南方系の感の樹木です。 





PANOLAMA_5_DSC3399_DxOFP.jpg 
Camera Botton_3 魔法瓶に入れて来た、麦茶で一息つきます。  
 こんな時期になっても、未だ藪蚊に食われますね~・・・ この森を歩いて、家に帰ると
 凡そ10,000歩です。 8,000歩が理想のようですけど。
 鳥の囀りが、賑やかです。





                    11.gif






aa22.gif 台風が次々にやって来ます。 日本の気候はどうなってしまったんでしょうか?
 久し振りに、手回し発電機を引っ張り出しました。
 結果的には、大したことは無かったのですが・・・・”TVは、何時も大げさなんですね~
 って、油断が危ないんでしょうね・・・・

 災害に遭った地域の方々には、御見舞い申し上げます。 私の田舎も河川の傍ですので、
 何時も気になってしまいます。





 それでは、次回まで、ごきげんよう~





        sep0002.gif